お手軽健康法

海外に行くとき、飛行機に乗ったり、現地での時差や気温の違いと、やっぱり疲れます。なかでも一番気になるのが「水が違う」ところです。その土地の水が合う、合わないというたとえ文句があるくらい、特に飲料水にはこだわりたいところです。去年グアムに3泊4日でいったとき、私はH.Bottleを持っていくことにしました。一回の充電で40回くらいは使えるということと、もし充電がきれても、USBケーブルとiphoneのアダプターが使えるので、変圧器がなくても、コンセントのアダプタさえあればいいのです。グアムで大きなペットボトルのお水を買って、H.Bottleを使って新鮮な水素たっぷりなお水をつくって、たくさん飲むようにしました。水素水を携帯できるし持ち運びも便利で、水漏れしないのも素晴らしいと思います。お陰様でいつも通りたくさん水を飲むことができましたし、体調崩しがちな海外でも元気に過ごせました。

人が病気になる大きな原因の一つが、「活性酸素」だと聞いています。鉄が酸素と結合して錆びるように、活性酸素がたくさんになると、身体を錆びさせるらしいのです。人間界に存在するもののなかで一番小さいのは水素です。その水素の力で、活性酸素を無害なものにしてくれる理屈は、酸素に水素がくっついて、H2O、水にしてくれる、ということだそうです。

H.Bottleは、小さいながらも、普通の水を活性水素たっぷりのお水に変えてくれるすぐれものです。しかも、あくまで「水」なので、どんなに飲んでも害になることはありません。私自身、花粉症のひどい時期にH.Bottleで作ったお水を飲むと、症状が軽くなることを経験しています。みなさんにおすすめしたい、お手軽健康法です。