お洒落着のつもりで利用

元々可愛い洋服や小物が好きだった私ですが、ある日休日にとあるショッピングモールに行きました。
そのショッピングモールは近隣ではとても有名でテナント数も随一、行けば何でも揃うという場所です。
ウィンドウショッピングがてらふらふらとモールを歩いていたら大きいサイズの洋服を集めたお店が一軒。
私は元々身長が高めなのですが、シャツも着ればストールのような感じに… それでもマフラーやバッグ(これもかなり大きめのものです)を数点購入して退店。
シックな色合いがとても気に入り今でもバッグは使っています。
あの日以来、ちょくちょく可愛いものを探すのに多きサイズの洋服店を眺めてみる様になりました。
意外と見られていないだけで、ファッションに使えるものもあると思います。

可愛い洋服を探すときによく言われるのが「大きいサイズの洋服には可愛いものが少ない!」というものです。
確かにそのまま着るのでは可愛い洋服、というのは少ないかもしれません。
ただ、どれでも言われていますが「物は使いよう」というもので、シャツをシャツとして使わない、ズボンをズボンとして使わない。
小物も見たままの用途だけではなく、全く別の思ってもみない使われ方があるかもしれません。
それはまるでリサイクルショップで見つけた「使い方の違う宝物」のようにさえ思えてくるのです。
そうやって愛着が湧けば長く使うこともできますし、大きいサイズの洋服店にも自然と足を運ぶ機会が増えるのではないでしょうか。
何も普通の人が行ってはいけない場所ではないのです。