本当に白くなるのか?

歯が白くなる歯磨き粉人気ランキング
昔、芸能人は歯が命というキャッチコピーが流行って、キラリと歯を輝かせて笑顔をみせるCMをよく見ましたが、実際に歯がきれいな人の笑顔には幸運を呼ぶ力があるように感じます。しかし、ある程度年齢を経ていくと徐々に歯が黄ばんできたり、汚れが目立つようになるのは仕方がないでしょうか。

特に私のように二十歳頃からタバコを吸い続けていた男性の場合、いまさら白い歯を取り戻すというのは難しいように思います。ところが現在市販の歯磨き粉の中にはホワイトニング成分を含んでいて磨くと歯が白くなるとうたっていものが多くあるようです。さすがに歯科医で実施しているホワイトニングのように一回で白くなったりはしないのでしょうが、毎日磨いていれば少しづつ白く輝く歯に戻っていくようで鏡を見るのも楽しくなっていきますね。

歯磨きは朝より夜寝る前に行うほうが重要だと聞いた事があります。寝ている間の口呼吸で口内が乾燥して唾液による消毒作用がうすくなり、虫歯菌の繁殖につながると聞きました。たばことコーヒーも歯にとっては大敵のようです。磨きやすい前歯はまだいいのですが、奥の歯になればなるほど黄ばみが目立って、人前で口を開けて笑うのがはばかられるようになってしまいます。

タバコのヤニやコーヒーの汚れはステイン系と呼ばれていて、通常の歯磨きでは落ちにくいのだそうです。歯が白くなる歯磨き粉はステイン系の汚れを落とす成分が含まれていて、歯科医でのホワイトニング治療のアフターケアなどに使用している人もいるようです。歯磨き後のすっきり感が通常の歯磨き粉とは全然違うと聞きました。 たくさんの種類が出ているようですが、いくつか使った友人からビーススマイルがよかったと聞きました。